人気のイギリス国内F1について解説します

F1レースは世界中で行われている国をあげてのイベントであることが多いのでファンも多く、そうでない人も充分に楽しめる一大イベントです。イギリスにおいても他の国々と同様、開催されている期間は多くの国民やそれを見る観光客などを楽しませてくれています。特にイギリスで開かれているレースというのは、国内外でも人気があり、いつも感動と興奮で多くの人々の歓声に包まれています。国内においては1926年に初開催され、イギリスグランプリなどはF1の中ではもっとも伝統的なレースのひとつとして知られています。イギリスでの開催する場所は、1950年のF1グランプリの第1戦としての初開催ではシルバーストン・サーキットが開催地でしたが、ブランズ・ハッチなどのサーキット場でも開催されたことがあり、1987年以降になってからはシルバーストンでの開催が続いています。

イギリスの車社会とともにF1は親しまれている

イギリスで人気があるスポーツとして思い浮かぶものにはフットボール、クリケット、テニス、自転車などと多くがありますが、F1に関してもこれらのスポーツと同じように、国民にとっては人気のあるものです。そのため選手はもちろんのこと、F1に関する職業は憧れの対象ともなっています。普段からもマスメディアの番組やニュースも多いですので、イギリス国民からも親しまれています。このような背景があるために、開催時期になると熱狂的なファンで埋め尽くされた感動と興奮の観戦となります。またイギリスの車産業ではランドローバー、ジャガー、ロールスロイス、ベントレー、ロータスなどといった日本でも知名度の高い車を輩出していますので、車産業とは切り離せない長い歴史を、国自体が歩んできているのです。

イギリスのF1は人々の暮らしとともにある

F1発祥の地と言われるイギリスですので、 F1チームの多くがこの国には本拠地を置いてもいます。 自然とレースに関しての情報もイギリスには集まりやすいですので情報網も広がり、レース関係者ならずとも世界中のファンがイギリスでのレースの開催には注目をしています。F1ドライバーも多く出ていて、ルイス・ハミルトン、ジェンソン・バトン、デビッド・クルサードなど日本にも多くのファンを持つ素晴らしいレーサーがいます。またシルバーストンで開催されるイギリスグランプリでは、多くのチームにとっては地元でのレースとなりますので、それだけ普段からファンとの距離も近くなり、国民の関心も高くなるのです。日常生活の中にレーシングが身近に存在していることが、他国よりも一歩先に出た感があるのが、この国のレーシング事情でもあります。

日本全国からツアーの申し込みを承っております。 将来(数年先)はリピーター割引なども実施する予定です。 お客様のご希望をお伺いしながら、海外スポーツイベントと観光をセットに旅行を手配する会社です。 航空券はお客様自身でもご準備が可能です。 代表は世界中のF1観戦ツアーに参加、各国の魅力を熟知しています。 現在はF1観戦ツアーを主力サービスとしてご提供しております。 F1をイギリスで観戦するならWSTをどうぞ!