感動と興奮のイギリス国内F1の魅力

F1は、モータースポーツに詳しくない人でも一度はテレビで見た事があるのではないでしょうか。まさに自動車の最高峰のレースです。参戦するチームは 12チームに限定され、参加チームは車体 を製作する会社でなければならないという決まりがあります。F1のFは「決まり」という意味のフォーミュラのFで、レースで使用される車にはエンジンは排気量2400cc、V型8気筒といったルールがあります。F1グランプリは、1950年にイギリスで始まりました。現在は11チームが参戦しており世界17カ国を回ってレースを開催しています。イギリスではサッカーをはじめ、様々なスポーツが人気ですが、今回はF1が初開催されたイギリスでのF1の様々な事情や、イギリスでのF1の人気、またF1の魅力について解説いたします。

イギリスでのF1人気や、その歴史は?

イギリスでのF1は、1926年に初めて開催されました。この時はまだF1というレースが発足されていなかったのでイギリスグランプリという名称でした。1950年以降は同年に発足したF1のひとつとして組み込まれています。F1において同じ名称のグランプリが1年も欠かさず開催されているのは、このイギリスグランプリとイタリアグランプリだけです。F1グランプリの第1戦として開催されたのは、シルバーストン・サーキットというサーキットで、戦時中にはイギリス空軍が使用していた爆撃機の飛行場になっていました。初めてF1が開催されたのがイギリスである事もあり、国民にとってもF1は人気の高いスポーツの一つでもあります。F1のファンは男性が多いですが、F1ドライバー達はイケメン選手も多く、女性からの人気も高いのです。

イギリスのF1は見る価値ありです

日本でもF1グランプリは開催されているので、生で観戦した事があるという方もいるのではないでしょうか。テレビでは海外のグランプリも多く放映されています。どのスポーツもテレビよりも生で見るとその迫力は別物だと感じますが、その中でもF1は格別です。F1の醍醐味はそのスピードやエンジン音ですので数あるスポーツの中でも特に生で見た方がいいと言えます。イギリスはF1発祥の地ですので、レースに関する情報が集まるとされています。そのためF1チームのほとんどは、イギリスに本拠地を置いています。 イギリス出身のF1ドライバーも多くおり、イギリスではF1に限らず、車やレースが特別なものではなく日常に根付きテレビでの放映も日本よりもとても多いです。F1に興味がある方は、是非イギリスでのF1グランプリを観戦してみてはいかがでしょうか。